全国の占い師を完全網羅。あなたにピッタリの占い師が必ず見つかります!

占い現場報告書

占いの館利用レポート

第31回 多くを語らず、多くを訊かない、神秘的な女性占い師

易者がたくさんいる占いの町へ

気になっていた「占いの町」に行ってきました。関西のはずれにある神社が有名な町というか小さな下町ですが、昔から占いのメッカとして有名です。駅から少し歩くと、道の両側にぎっしり対面占いの店が並ぶ細い通りにつきました。しかし、数十軒と店の数が多いのでかえってどの店に入ろうかと迷いました。事前によく調べてこなかったのです。が、ある一軒の店の前を通りがかったとき、中にいた女性の占い師さんを見て、電流が走ったような気分を感じたのです。運命の出会いというのでしょうか、声をかけられたわけではありませんが、吸い込まれるように店の中に入っていました。

落ち着いた静かな先生

占い師の女性は界隈の他の方から比べると、やや若いと思われる年代で、サラサラの髪が印象的でした。四柱推命とタロットのようなカードを組み合わせて、占ってくれましたが、生年月日以外にこちらの情報をほとんど訊きません。仕事運を占ってほしかったので、自分の仕事については簡単に話しましたが、向こうからは何も尋ねません。新しい取引先を開拓したいと言ったところ、遠方にアクションを起こすことを提案されました。

その頃、地元のクライアントばかりと仕事をしていたので、それは難しいと思ったのですが、先生はおだやかな笑顔で「いい結果が得られますよ」と言いました。もっとたくさんアドバイスをいただけると思ったのですが、それほど口数が多くない先生です。今まで話好きの先生によくあたっていたので、不思議な気分でした。『こんなに静かで言葉が少ない占い師さんがいるんだな』という思いが頭をめぐっていましたが、ただ、その少ない言葉がかえって信頼できそうだという気がしたのです。

まったく見知らぬ会社に堂々とアプローチ

数日後、さっそく今までとはスタンスを変えて、遠方の会社に売り込みをかけました。それまで新規の取引先を開拓するときは、必ず誰かに紹介してもらっていたので、まったく一見の会社に連絡を取るのははじめてでした。

『いますぐビジネスパートナーを募集しているわけじゃないし、迷惑だとか、厚かましいだとか思われないかしら……』と不安もあったのですが、意外や意外、担当の方に「アナタのような方に出会いたかったんですよ!」と言われたのです。あとはもうトントン拍子。仕事の発注が入り、収入にも反映。特によかったのは、新しい仕事をすることで、新しいスキルも身についたことです。その新しいスキルがまた地元での仕事の拡大につながり、という嬉しい状態になりました。

他の利用者からも同じ意見が

占いは的中しました。あの占い師の先生についてもっと知りたいと思い、ネットで検索してみると、女の子たちの口コミがいくつか見つかりました。「こちらの情報を全然、訊かないのに、すごく当たる」と、私と似たような意見が多くて、「やっぱり」と思いました。あれこれ訊かないのは、そんな事前情報に頼らずとも、純粋に自分の占いの技量だけで、確かな占断ができるからかもしれません。さすがだと感じました。家から少し遠いのですが、あの先生にはまた、見てもらいたいですね。

雑誌やTVでも話題の電話占いを知っていますか?【電話占いのススメ】